甘酸っぱい気持ちを味わえる『あの頃ペニー・レインと』

  • 甘酸っぱい気持ちを味わえる『あの頃ペニー・レインと』

    『あの頃ペニー・レインと』のストーリー

    1973年、大学教授の母と暮らす知的で明るい性格な少年ウィリアムは15歳。
    姉の影響でロックミュージックの虜になっていた。

    学校では校内新聞などにロック記事を書き、伝説のロック記者レスター・バングスの目のとまる。
    更にはローリングストーン誌からも声がかかり、ウィリアムが大ファンである新進バンド”スティルウォーター”のツアーに同行取材をすることとなる。

    ツアーに同行すると、スティルウォーターの追っかけファン達と会う。
    その中にいたペニー・レインに恋をするウィリアム。
    しかしペニー・レインはスティルウォーターのギタリスト、ラッセルの彼女だった、、、

    甘酸っぱい気持ちを味わえる『あの頃ペニー・レインと』

    • 甘酸っぱい気持ちを味わえる『あの頃ペニー・レインと』

      とにかく大好きな映画となった『あの頃ペニー・レインと』。
      ペニー・レイン役のケイト・ハドソンは、大人でもなく子供でもなく、この時期が本当にハマリ役。

      しかしウィリアムにとって、ペニー・レインはだいぶ大人に見えるはず、、、手が届きそうで届かない。
      この絶妙な距離感が何とも甘酸っぱい映画に仕上がってる要因だと思います。

      そして音楽映画だけに、サントラも素晴らしいです。
      豪華ミュージシャン勢ぞろいで曲を聴くだけでシーンを思い出します。

      難点を1つだけ挙げるとすれば、、、
      劇中に出てくるバンド”スティルウォーター”はオールマン・ブラザーズ・バンドをモデルにしてるのだとか。

      70年代という時代背景なら尚更、演奏曲をもう少しだけオールドロックな演奏にしてほしかった。
      演奏曲も本作のために書き下ろしたオリジナル曲という力の入れ方はあっぱれですが、けっこうなハードロックなんですよね、、、

      バッドカンパニーあたりを意識してたのかな??

Top